ハセガワ 1/24 ニッサン スカイラインGT-R 製作記 その2 〜内装と下回りのみ立て編〜 【プラモデル】【ゆるも】

シェアする

前回は内装と下回りを塗装しました。

また書いてしまいますが、デカールの貼り付けはなかなかの苦行でした。

老眼にはキツかったです…(^_^;)

昨年の暮に発売されたハセガワ社のスカイラインGT-R(R32)を製作していきます。まずはボディの下地作りと、ボディ以外のパーツの塗装を行いました。

塗装後にもいくつか失敗ポイントがありましたが、ちょいちょいとごまかしてリカバリ。

その後、内装と下回りを一気に組み立てました。

組立自体は難しいところはないですが、ダボが浅くてパーツの固定が一回でビシッといかないところがちらほらありました。。(マフラーやガソリンタンク)

もう少し深めのダボにしてくれるといいかなーと思います。

内装は、シートの固定でちょっとだけ手戻り発生。

ドアパネルを仮止めしてからシートの位置を決めることで、ちょうどよい感じになりました。

それでも左右でわずかに位置が揃ってませんね(汗)

その他にも細かい所を気にしだしたら心が折れるので、ほどほどでOKにしておきましょうw

ついでに塗装前のボディを載せてみました。

R32はやっぱりかっこいいですね〜(^^)

しかし気になる点が2つあります。

ヘッドライトの上部、ボンネットとフェンダーのラインが揃っていないです。

見る角度によってはきれいに見えるのですが。。

またトランクとボディがツライチになってない。

どころか、まぁまぁな段差ができちゃってます。

この2点は完成後の見栄えに大きく影響すると思われるので、修正しないといけないのかな…。うーむ…。