アメリカン・エクスプレス発行のヒルトン・オナーズ カードがいよいよ提供開始。サービス内容をまとめました。SPG AMEXとのサービス比較もしています!【AMEX Credit Card Hotel Hilton Honors status gold diamond】

Hilton Honors American Express Card(ヒルトン・オナーズ アメリカン・エクスプレス・カード)がいよいよ提供開始となりました。

Hilton VISAカードが終了してしまいましたが、米国ではすでにHilton Honors American Express Cardが提供されていたので、いずれ日本でも…と待たれていた方も多いかと思います。

まずはサービス内容を理解するべく、表にまとめた上でコメントしていきたいと思います。

  • ヒルトン・オナーズ ゴールドステータス付与
  • すべてのホテルで朝食無料!
  • 滞在ポイントは+80%のボーナス付与
  • プレミアム・カードではさらに…
  • 滞在ポイントは+100%のボーナス付与
  • ヒルトンでの利用で100円あたり7ポイント付与
  • 年間200万円のカード利用でダイヤモンドステータスに!

発行されるのは通常カードとプレミアムカードの2種類

発行されるかーどは『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エクスプレス・カード』(以下、ヒルトン・オナーズカード)と『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エクスプレス・プレミアム・カード』(以下、プレミアムカード)の2種類です。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エクスプレス・カード
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エクスプレス・プレミアム・カード

AMEXのカードらしくブルーが映える券面デザインですね。

プレミアムカードは深い青色が格調の高さを現しているようです。

各カードのサービス内容【SPGとの比較あり】

それでは早速、各カードのサービス内容をご覧ください。

参考までにSPG AMEXカードのサービス内容も記載しました。

ヒルトン・オナーズAMEXとSPG AMEXのサービス内容比較

年会費

ヒルトン・オナーズカードは16500円(税込)。

プレミアムカードはなんと66000円(税込)です。

プレミアムカードの年会費は絶対的には相当お高いです。

ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを付与

ヒルトン・オナーズカード、プレミアムカードともに「ヒルトン・オナーズ ゴールド」ステータスが付与されます。

ヒルトンのステータスは4種類あり、ゴールドは上から2番めのステータスです。

ヒルトン・オナーズのステータス(ヒルトン・オナーズのサイトより)

Marriottボンヴォイのゴールドに近いサービス内容と言えそうですが、ヒルトン・オナーズ・ゴールドは「全てのホテルでの朝食無料」というのが大きなポイントです。

私はホテルの朝食が大好きなので、朝食無料の特典があるだけでもマリオット・オナーズカードを作りたくなってるかも…。

ダイヤモンドステータスを獲得するには?

でもやはり気になるのはダイヤモンドステータスですよね?

なんと言っても、エグゼクティブラウンジのアクセス権が提供されますので!

ダイヤモンドステータスを獲得するためには通常、以下の条件があります。

  • 1年間に30回のご滞在、または
  • 1年間に60泊のご宿泊、または
  • 1暦年間に120,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

ですが、ヒルトン・オナーズ・プレミアムカードであれば、次の条件でダイヤモンドステータスを獲得できます。

  • 1月から12月の1年間で合計200万円以上利用

年間200万円以上のカード利用が条件ですが、ホテル系のカードをお使いの方でしたら、さほど難しい条件ではないかもしれませんね。

通常のポイント付与は100円=2 or 3ポイント

普段のカード利用でももちろんポイントが付与されます。

ヒルトン・オナーズカードは100円=2ポイント、プレミアムカードは100円=3ポイントとなっています。

ヒルトン系列での利用分は100円=3 or 7ポイント

ヒルトン系列ホテルやリゾートでカードを利用した際には、ポイントが増量されます。

ヒルトン・オナーズカードは100円=3ポイント、プレミアムカードは100円=7ポイントが付与されます。

プレミアムカードのボーナスポイントはすごいですね。

ヒルトンを頻繁に利用する方でしたら、ポイントがガンガン貯まることと思います。

滞在でのボーナスポイントは80% or 100%増し

ヒルトン・オナーズ会員になってホテルに滞在すると、滞在ポイントも加算されます。

滞在ポイントはベースポイントに加えて、ステータスによってボーナスポイントが付与されます。

ゴールドは+80%、ダイヤモンドは+100%の付与率になっています。

ボーナスポイントの加算率(ヒルトン・オナーズのサイトより)

ゴールドでも加算率はかなり良い設定といえそうです。

※「ヒルトン・オナーズ・ゴールド」ステータスの詳細は別途ご紹介します。

カード継続特典は無料宿泊を1泊 or 2泊プレゼント

ヒルトン・オナーズカードはカードの継続で無料宿泊1泊が、プレミアムカードは無料宿泊が2泊プレゼントとなっています。

ただし、提供条件があります。

ヒルトン・オナーズカードはカードの利用額が年間150万円以上、プレミアムカードは年間300万円以上が必要です。

無料宿泊のプレゼントを享受するには、ちょっとハードルが高めな感じですね。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)の年会費優待

ヒルトンの優待特典プログラム「ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(HPCJ)」の年会費が優遇されます。

ヒルトン・オナーズカードは通常25,000円が10,000円、プレミアムカードは初年度会費は無料となります(2年目以降は10,000円に優遇)。

HPCJの特典内容は以下となります。

  • 宿泊料金25%割引
  • レストランは最大20%割引
  • 国内HPCJ対象ホテルで使える5,000円割引券を2枚プレゼント

年会費が発生しますが、10,000円分の割引券のプレゼントがありますので実質的には年会費無料になります。

トラベルサポート

ヒルトン・オナーズカード、プレミアムカードともに、国内外の空港ラウンジの利用と、帰国時の手荷物無料宅配サービスが付帯しています。

さらにプレミアムカードは「京都特別観光ラウンジ」も利用できます。(ちなみにSPGも利用できます)

京都特別観光ラウンジ |クレジットカードはアメリカン・エキスプレス®(アメックス)
アメリカン・エキスプレスの京都特別観光ラウンジについてご案内します

各種補償

充実した補償もAMEXの特長ですが、ヒルトン・オナーズカードは非常にあっさりとした内容です。

提携カードとはいえ、プロパーのグリーンに及ばないのはちょっと残念ポイント。

プレミアムカードの方は文句なしの補償内容です。

スマートフォン・プロテクションはSPGにはない補償で、羨ましいポイントです。

マイルへの交換について

ヒルトン・オナーズポイントはマイルへの交換もできます。

ということは、交換レートについても気になりますよね。

ヒルトン・オナーズカード、プレミアムカードともに、マイルへの交換レートは次のようになっています。(主なもの)

航空会社 交換レート
日本航空 10,000ポイント=1,000マイル
全日空 10,000ポイント=1,000マイル
全日空 10000ポイント=1000マイル
デルタ航空 10,000ポイント=1,000マイル
ユナイテッド航空 10,000ポイント=1,000マイル
ハワイアン航空 10,000ポイント=1,500マイル
キャセイパシフィック航空 10,000ポイント=1,000マイル
エアアジア BIG 10,000ポイント=2,000マイル
アシアナ航空 10,000ポイント=1,000マイル
カンタス航空 10,000ポイント=1,500マイル
ヴァージン・オーストラリア航空 10,000ポイント=1,500Velocityポイント
ニュージーランド航空 5,000ポイント=10エアポインツドル
シンガポール航空 4,000ポイント=500マイル
エールフランス航空/KLMオランダ航空 10,000ポイント=1,000マイル
エティハド航空 10,000ポイント=1,000マイル
サウジアラビア航空 10,000ポイント=1,000マイル
ブリティッシュ・エアウェイズ 10,000ポイント=1,000マイル
フィンランド航空 5,000ポイント=1,000マイル
エミレーツ航空 10,000ポイント=1,000マイル
トルコ航空 10,000ポイント=1,000マイル
ヴァージン アトランティック航空 10,000ポイント=1,500マイル

10,000ポイント=1,000マイルの交換が大半となっています。

その場合の還元率は0.3%ですので、ヒルトン・オナーズポイントをマイルに交換するのは得策ではないと言えそうです。

ちなみにSPGは最大1.25%の還元率となっていますよ。

入会キャンペーン実施中です

ヒルトン・オナーズカードの入会キャンペーンを開催中です。

条件を満たすとボーナスポイントを獲得できます。

条件 ヒルトン・オナーズ
アメリカン・エクスプレス・カード
ヒルトン・オナーズ
アメリカン・エクスプレス・プレミアム・カード
入会ボーナス 2,000 5,000
入会1ヶ月以内に
10回のカード利用
3,000 10,000
入会3ヶ月以内に
30万円以上のカード利用
10,000 30,000
入会6ヶ月以内に
75万円以上のご利用
10,000
入会6ヶ月以内に
150万円以上のご利用
30,000
最大25,000ポイント獲得 最大75,000ポイント獲得

プレミアムカードでボーナスポイントをフルに獲得するには6ヶ月で150万円以上のカード利用が必要ですが、プレミアムカードを使われるような方でしたら、あまり難しくはない、ですかね・・・(^_^;)

国内のヒルトン系ホテルの宿泊ポイント

国内のヒルトン系ホテルの宿泊ポイントも載せておきます。

ホテル 最安 最高
ヒルトン成田 20,000 20,000
ダブルツリー by ヒルトン那覇 19,000 35,000
ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城 19,000 40,000
ヒルトン福岡シーホーク 要確認 50,000
ヒルトン名古屋 32,000 60,000
ヒルトン東京お台場 51,000 70,000
ヒルトン東京 要確認 70,000
ヒルトン大阪 要確認 70,000
ヒルトン東京ベイ 39,000ポイント 80,000ポイント
ヒルトン沖縄瀬底リゾート 48,000ポイント 80,000ポイント
ヒルトン沖縄北谷リゾート 41,000ポイント 80,000ポイント
ダブルツリー by ヒルトン沖縄北谷リゾート 33,000ポイント 80,000ポイント
コンラッド東京 73,000ポイント 95,000ポイント
旧軽井沢KIKYO
キュリオ・コレクション by ヒルトン
57,000ポイント 95,000ポイント

【まとめ】ヒルトン・オナーズカードはおすすめ?

以上のようにヒルトン・オナーズカードの内容をご紹介してきました。

ヒルトンのリピーター向けのカードかと思いますが、ヒルトン・オナーズカードは、たまにヒルトンを利用する、といったライトなヒルトンユーザーにはピッタリではないでしょうか。

なんといっても朝食が無料ですし、部屋のアップグレードも期待できますので、ヒルトン系列に数泊すれば年会費以上のお得感があると思います。

プレミアムカードに関しては、とにかくヒルトンのヘビーユーザー向けですね。

年間200万円のカード利用でダイヤモンドステータスにもなれるので、ホテルのステータスが大好き!という方でも狙ってみていいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました