【2021年6月版】ポイントサイトからマイルに交換する最適なルートをあらためて整理|ANAマイルなら交換レートは最高75%で交換可能!【ANA JAL TOKYU】

ポイントサイトのポイントからマイルに交換するというのは、陸マイラーでは半ば常識ともなっています。

ただ、ポイントサイトから直接マイルに交換できるパターンはほとんどありません。

そのため、いろんなサービスを経由してやっとマイルに交換できる、というのが実情です。

この経由(交換ルート)というのもまた組み合わせが膨大にあるのですが、交換ルートによってはあまりお得ではない交換率になってしまう恐れもあります。

そこで、定番となっているマイル交換ルートを、私自身の備忘録も含めてあらためて整理してみました。

図も併記しておりますが、なるべくシンプルでわかりやすくしたつもりですので、お役に立ちましたら幸いです。

なお、以下の前提でご紹介しておりますので、何卒ご了承ください。

  • 最終的な交換先のマイルはANAとJALとしております。
  • 私がよく利用しているポイントサイトでルートをご紹介しています。(おそらく利用ユーザーも多いサービスばかりだと思います)
  • ポイントサイトのキャンペーンによるポイントの増量は考慮していません。通常のポイント交換を前提としております。

ANAマイラー定番のTOKYUルートで75%の交換率

さて、まずはANAマイルの交換ルートをみていきましょう。

最初に挙げますのは、ANAマイラーでは定番となっている”TOKYUルート”です。

この交換ルートの対象となるポイントサイトは、「モッピー」「ハピタス」「ポイントインカ」となります。

図にすると、以下の通りとなります。

10,000円相当のポイントを交換したときのポイントの遷移(以降の図も同様です)

10,000円相当のポイントを7,500マイルに交換

という、高レートの交換ルートになっています。

ちなみに上記のポイントサービスから直接ANAマイルに交換できますが、交換率がかなり低くなっていますのでスルーして大丈夫です!

ということで、このルートを使うには「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」が必要となります。お持ちでない方はこの機会に入会しましょう!

【東急カード】ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのお申込み|クレジットカードの三井住友VISAカード
クレジットカードなら、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード。ANAマイル・東急ポイント・PASMO・定期券・クレジットの5つの機能が1枚になったカードです。年会費初年度無料、PASMOオートチャージもご利用いただけます。

ECナビからは、JRキューポ経由にすると60または70%の交換率

続いてはJRキューポを経由する交換ルートのご紹介です。

このルートでは、「ECナビ」のポイントを交換する形になります。

図にすると、以下の通りとなります。

10,000円相当のポイントを6,000マイルに交換可能

となっています。

ただしこのルートは4つのサービスを経由しなければならず、なかなかに手間がかかります。

特に手間なのが、JR九州のポイントサービスである「JRキューポ」への登録と「JQカードセゾン」の入会、そしてそれ以外のセゾンカード(永久不滅ポイントが貯まるもの)が必要となる点。

2種類のセゾンカードが必要ということで、少なくとも1枚もセゾンカードを持っていない方にはこのルートを使おう!というには事前の準備が面倒といえば面倒です。

かくいう私もセゾンカードを持っていないので、このルートはまだ使えていません…。

【公式】JQ CARDセゾン | クレジットカードはセゾンカード
SUGOCAを利用されている方におすすめなJQ CARDセゾン。定期券購入やSUGOCAのオートチャージはもちろん、列車のご予約でもJRキューポが貯まります。ショッピング利用で次年度の年会費が無料のクレジットカードです。
JRキューポ|JR九州
JR九州の3つのポイントがひとつに。その名も「JRキューポ」!JQ CARDでたまる!ネット予約でたまる!SUGOCAで使える!

なお、JQカードセゾンの他のセゾンカードとして「みずほマイレージクラブカード/ANA」をお持ちでしたら交換レートが優遇されて、

10,000円相当のポイントを7,000マイルに交換可能

となります。

こうなるとTOKYUルートに迫る高レートとなりますね。

こちらも2種類のセゾンカードを持たなければなりませんが、ECナビのユーザーであれば、できればこのルートも利用したいところですね。

みずほマイレージクラブカード/ANA | ANAマイレージクラブ
【ANA公式サイト】みずほマイレージクラブカード/ANA。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。

ECナビからの交換ルートは他にもあります

「ECナビ」からの交換ルートは他にもあります。

図の通り「Tポイント」「nanacoポイント」「楽天ポイント」を経由するルートです。

こちらは一般的に普及しているポイントだと思いますので、最も利用しやすいルートかなと思います。ただしマイル交換率は50%と、前述のルートに比べるとかなりダウンしてしまいます。

さらに経由するサービスによりますが、Pexの手数料も発生することからおすすめしにくいルートと言えます。

ということで、ANAマイラーでしたらJQセゾンカードを作ってより多くのマイルに交換したいですね!

JALのマイル交換はルートによらず50%

続いてJALのマイル交換ルートをご紹介します。

「モッピー」はJALマイルに直接交換可能となっています!これは嬉しいですね〜!

「ハピタス」「ポイントインカム」は、「ドットマネー」経由での交換です。

いずれのルートも交換率は50%となります。
(10,000ポイントを5,000マイルに交換)

ECナビからの交換はやっぱりちょっと手間がかかります

「ECナビ」からJALマイルへの交換ルートもあります。

ANAのルート同様に「JRキューポ」経由で交換する形になります。

ただし、JRキューポの先は2系統に別れます。

1つは「JQカードセゾン」「永久不滅ポイント」を経由するルート。

こちらも、JQカードセゾンと、他のセゾンカードの2種類を持っている必要があります。

2つめは、「JR九州Web会員サービス」に登録している方。

こちらは「Ponta」ポイントを経由して交換する形になります。

「JR九州Web会員サービス」、「Pontaポイント」のいずれも入会は簡単にできると思いますので、ECナビからJALマイルへの交換はこのルートが手軽でおすすめです。

※ANAマイルも同時に貯めている方は、JQカードセゾンに入会するほうが良いでしょう。

こちらのルートも交換率は50%となります。
(10,000ポイントを5,000マイルに交換)

まとめ

以上、ポイントサイトからANAとJALのマイルへの交換ルートについてご紹介しました。

本記事は通常の交換率前提でご紹介しましたが、ポイントサイトのキャンペーンで大幅に交換率がアップすることもありますので、各サイトをよくチェックされることをおすすめいたします(^^)

これからANA、JALのマイルを貯めようとお考えの皆さんにお役に立ちましたら幸いです。

【ご参考】ポイントサイトにはこちらからご入会いただけます

記事中でポイントサイトの名前を挙げさせていただきましたが、まだ登録されていないという方は下記のリンクからご入会いただけます。

新規入会のボーナスポイントももらえる形となっておりますので、是非ご入会くださいませ。

ECナビ

ECナビでは新規に会員登録し、会員登録当日を含めた90日以内に本人認証が完了すると1,500ポイントがプレゼントされます!

(ECナビは1ポイント=1円相当です)

モッピー

モッピーでは下記のバナーからご入会いただけると、ご入会の翌々月末までにモッピーで5,000ポイント以上獲得することで、2,000ポイントがボーナス付与されます!

(モッピーは1ポイント=1円相当です)

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

ポイントインカム

ポイントインカムでは下記のバナーからご入会いただけると、入会ボーナスとして1,000ポイントがプレゼントされます。

さらに入会後に初めてポイントを交換すると、その際にも1,000ポイントがプレゼントされます!

(ポイントインカムは1ポイント=0.1円相当です)

ポイントサイトのポイントインカム

ハピタス

申し訳ありません、ハピタスの入会キャンペーンは実施状況が不明ですが、以下のバナーからご入会いただけます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

コメント

タイトルとURLをコピーしました